月別アーカイブ: 11月, 2017

航空会社に就職してから第二新卒として転職先に選んだ春秋航空日本

私は大学を卒業して大手の航空会社に就職するのに成功して主にマーケティングと営業活動を担当していました。ただ、現場の忙しさに追われてしまって退職し、第二新卒として転職活動をしました。そのときにまず選んだのが採用活動を行っていた春秋航空日本でした。

第二新卒として転職しようと考えた流れと春秋航空日本を選んだ理由

大学を卒業する時点で国内でも大手の航空会社に就職するのに成功したのはとても嬉しいことでした。世界を股にかけて働ける職場が良いと考えていたので英語についてはよく勉強していました。旅行に行って世界各国の事情もある程度は詳しくなっていたのが評価されて採用されたのだと思います。

しかし、採用されてマーケティングと営業を主に担当するようになるとだんだんとやる気が失われてきてしまいました。国内向けのマーケティングや営業がほとんどなので世界を見て何か仕事をしているという印象が受けられなかったのです。それなら日本以外に本社がある航空会社に転職しようと考え、募集を行っていた春秋航空日本に目を向けました。

現場の忙しさが解消されそうだという印象を受けたのが決定理由

春秋航空日本以外にも国外の航空会社の採用活動は行われていましたが、春秋航空日本を選んだのは国内勤務ができそうだという点と、今までの忙しさを解消できそうだと感じた点が理由です。春秋航空日本の国内スタッフの募集を始めた頃のことだったので勤務地は日本国内に限定されているようでした。妻子がいるので突然国外勤務というのも大変だと思ったのでこの点が魅力的だったのです。

また、大手で働いているとノルマが厳しくて大変だったのですが、春秋航空日本の求人に関する情報を集めてみるとワークライフバランスを考えた職場環境を作るようにしているという話が見つかりました。これで仕事への不満も解消できると考えて応募することにしたのです。

第二新卒までは募集してくれていたのも春秋航空日本を選んだ理由

求人情報を見ると応募の際に年齢制限がかけられていることはよくあります。春秋航空日本の場合にも同様であり、大学を卒業してから三年以内という制限がありました。企業としては若手を採用して育てていきたいと考えることが多いからだというのはよくわかります。私が第二新卒として転職を考えたのがまだ二年目の途中だったのでこの条件も満たしていました。

航空会社の場合には新卒でない場合には経験を重視した中途採用のことが多いので、第二新卒に有利な募集があったのが魅力的だったのも確かです。英語が話せることは条件になっていませんでしたが、航空会社なら前提条件と考えると不利な要素はないと考えて応募したという経緯があります。

エンジニアとして働いてきた経歴を生かして春秋航空日本の求人に応募

エンジニアとしてIT業界の最前線でウェブマーケティングを主に扱ってきました。その厳しい現場から脱却しようと転職先を探していたときに見つけた求人の一つが春秋航空日本からの採用情報であり、ウェブ関係の仕事だったことから適任だと考えて応募しました。

厳しいウェブ業界の最前線の仕事と将来性から考えた転職活動

春秋航空日本の採用情報を獲得したのは自分のスキルを生かして安定して働ける職場を探していたからでした。ウェブ業界でエンジニアとして働いてきた私はそろそろ現場を離れるべきときだという実感を持ち始めていました。ウェブ業界は新陳代謝が激しいので次々に新しい技術が登場してきます。それに追いついていけなければ最前線で働き続けるのは難しいというのが事実であり、特に開発に携わっていくのは困難になりがちです。

私の場合にも開発よりもマーケティングなどの運用の方に力を注ぐようにいていきたいと考えて転職を考えました。勤め先のウェブ業界での地位も少しずつ低下してきていて将来性に不安だったというのも理由です。

将来性が高い企業だと考えて魅力に感じたから応募した春秋航空日本

春秋航空日本を転職先の候補の一つにしたのはウェブ関係の人材の採用情報を獲得できたからというのも確かです。しかし、それだけであれば他の企業にも多数候補がありました。春秋航空日本に注目したのはまだ新しい企業でありながらしっかりと業績を伸ばしてきていて中国でも最大のLCCと呼ばれるほどに成長していたからでした。

LCCの登場によって飛行機を使う人が増えていることや、中国では人口が多くて特に利益が上げやすいと想定されたことから今後もずっと安定して利益を上げられる企業だと考えたのです。将来性に関して不安になりやすいIT業界で働いてきたからこそ、企業が倒産するリスクがないことを重視していました。

仕事内容も自分の経験を行かせて国内勤務だから問題ないと判断

当時、春秋航空日本から募集されていたのはウェブサイトの運営管理としての仕事を担う人材でした。正社員としての採用もあり得るという形になっていて、給与も決して低くはないので良い求人だったと言えます。仕事内容もウェブサイトの運営やウェブマーケティング、アクセス解析などになっていたので、ウェブを専門とするエンジニアである自分が適任であるのは明らかでした。

また、春秋航空日本に応募する上で悩みになったのが国外で働くことにならないかということでしたが、それについても勤務地が国内を定められていたので問題ありませんでした。そのため、ウェブ業界からの転職先としてまずは春秋航空日本を選んで求人に応募して転職活動を始めました。

春秋航空日本の採用情報!空のお仕事に就いてはみませんか?

春秋航空日本は国内で運営している会社となります。中国の春秋航空が出資して日本で展開している航空会社で、国内の主だった都市や中国の諸都市を結ぶ重要な役割を担っています。今後ますます成長が見込まれる春秋航空で働きたいと思われている方に採用情報をご紹介します。

販売員での採用

春秋航空日本での募集されている仕事の種類は多岐にわたります。空港でのショップ販売員やホテルの免税店での販売員など、直接飛行機には関係のないポジションでの募集も広くなされています。専門的な知識や技術はなくても空港や航空会社で働いてみたいと思われる方にとってはこうした販売員からトライしてみるのも良いかもしれません。採用条件として学歴や年齢は決められていませんので、幅広い方が挑戦できるポジションといえます。また、英語や中国語が話せる方は優先的に採用されますので、海外の方と仕事をしたいと思う方や、語学力を磨きたいと思われる方にとってもよい環境となるでしょう。

憧れのパイロット

航空会社の中でもひときわあこがれの的となるのがパイロットです。春秋航空日本でパイロットを目指したいと思われる方は春秋航空日本の機長候補、副操縦士候補に応募してみることもできます。ただし、種々の資格をあらかじめ取得している必要があります。定年は60歳、65歳までの継続雇用が保証されており、乗務手当は毎月50時間分保証されます。57歳以上の機長については負担軽減のための施策も行われていますので、他社からの転職として春秋航空日本を選ぶパイロットも少なくありません。

客室乗務員の募集について

航空会社の顔ともいえる客室乗務員はまさに世界の空を駆け巡ることのできる憧れの仕事の一つです。春秋航空日本で働く場合は、社が規定しているレベルの中国語を話せることが条件となります。また日常会話レベルの英会話も必須です。現在40名程度の人員が募集されており、採用されると会社の指定する勤務地での勤務となることもありますので、自由に移動できる立場の方が申し込んだほうが良いでしょう。福利厚生も充実しているのも魅力の一つです。

採用を幅広く行っている春秋航空で空の旅に従事する仕事に就けるかもしれません。採用情報は随時更新されていきますので、その都度採用条件を確認し、採用されやすいように自分のスキルを上げることを意識しておきましょう。採用されやすいとは決して言えない人気の仕事ですが、採用に向けて自分を磨いておくのはいかがでしょうか。


格安航空券