月別アーカイブ: 12月, 2017

春秋航空日本のキャビンアテンダントの募集を見て応募した理由

私が春秋航空日本キャビンアテンダントの募集を見て応募したのは採用活動を行っているという情報を大学で見つけたからでした。中国文学を専攻していたので、その強みを生かして就職できるのではないかと考えたのですが、結果としては採用されなかったのです。

中国語を大学で学んでいたので生かそうと考えたのがきっかけ

春秋航空日本は中国の大手LCCとしてよく知っていました。大学では中国文学を専攻していて何度も中国には行ったことがあったのでよく目にしていたのです。実際に乗ったことはありませんでしたが、安いことで国内では人気の航空会社のようでした。

その採用情報があると大学の就職課から情報をもらうことができたので、自分の学歴を生かして就職できる可能性があると考えたのが応募したきっかけです。募集されていたのがキャビンアテンダントだったことから、中国語を話せることがいかせると考えました。要望事項としても中国語を話せることが望ましいとなっていたので、自分にとっては有利な採用情報だとわかってエントリーしたのです。

最初の募集だったから知識や経験が不要というのが魅力的だった

キャビンアテンダントになりたいとは小さい頃に思ったことがあったのですが、就職の段階になると候補にはならないという印象を受けてしまっていました。航空会社からの採用情報も一通り見てみて気づいたのが旅行関係の知識を強く要望していることでした。新卒なので基本的には経験は求められないのは確かではあったものの、春秋航空日本の募集には未経験で可能、知識不要といった内容が記載されていたのが魅力的だったのです。

航空会社に行こうと思っていたらもっと予め勉強していたと思いますが、採用情報を見て考え始めたので準備不足も甚だしい状況でした。その状況でも受け入れてくれる可能性がある春秋航空日本が就活の有力候補になったのです。

書類選考は通ったものの一次試験を受けたら不採用になってしまった

春秋航空日本の採用情報を見て応募をしてみたものの、結論としては一次試験を受けた時点で不採用になってしまいました。予想していた通り、中国語が使えるというのが有利に働いたのか書類選考は通過してグループ面接には呼ばれました。その面接の現場では志望動機についてまず聞かれたのですが、ここでの応答が不採用になった原因だと感じています。

他の人たちはキャビンアテンダントになって仕事をする魅力について語っていたのに対して、私は中国語が流暢に話せるということをアピールするのに終始してしまったのです。考えてみれば求人に書いてあった内容に中国語は必須とはなっていなかったので、むしろキャビンアテンダントになる熱意を示すことが重要だったのだと思います。

春秋航空日本で働くことの魅力!数々のメリットを紹介します!

春秋航空日本で働くことには多くの魅力があります。パイロットとしてメカニックとして、あるいはほかの地上のあらゆる業務を通して、それぞれの立場で空の旅を支えることができるのです。様々な立場で空の旅を支える航空会社の魅力をご紹介します。

■春秋航空日本で働くメリット

春秋航空日本はその名前からもわかるようにアジアを中心に活躍している航空会社です。もちろん国内の主要都市を結ぶ重要な役割もしますが、中国の諸都市なども結ぶ重要な路線ともなります。今後日本での活躍もますます期待できる航空会社ですので、春秋航空日本で働くことは非常に将来性のあることといえるでしょう。また、中国の春秋航空が出資しているだけあって今ニーズが拡大している中国語に接する機会も多く、自分の語学のスキルアップにも役に立つでしょう。

■国際的な仕事ができる

日本国内に居ながらにして世界を意識した仕事ができるのも春秋航空日本で働く際の魅力の一つといえるでしょう。例えば春秋航空日本の免税店で販売員をするにしても、海外からの観光客に多く接することができます。また空港貨物の輸入、輸出に関する仕事でもありますので、世界と日本を結ぶために役に立てる仕事でもあるのです。また、CAとして働くのであれば、様々な人の空の旅をサポートし、快適な旅行ができるように助けることができ大変やりがいを感じている方もすくなくありません。

■徹底したサービス精神

春秋航空日本は数ある航空会社の中でも顧客が快適に空の旅を楽しむことができるように様々なサービスを行っています。様々な国籍の顧客に対して常に高品質の接客を貫くのは決して簡単なことではありませんが、春秋航空日本は真摯に取り組んでいるのです。そのため、自分自身もそのような教育環境の中で成長することが期待できますし、より誰かのために役に立つ生き方を実感できる職場となることでしょう。今後ますます飛行機での旅は敷居が低くなりだれでも利用できる利便性を備えていくに違いありません。まだまだ発展していくであろう航空業界、そして今後もますます発展していくであろう春秋航空日本で、新しい自分を発見していきましょう。

航空会社への就職は決して倍率が低いとは言えない人気の業種の一つです。しかし、自分の実力を試すためにも、また今後の自分の成長のためにも目指して損のない職業といえるでしょう。空の旅に従事したいと思っているかたは是非春秋航空日本での活躍を目指してみてはいかがでしょうか。