アルバイトとしての採用を思い立って成功した春秋航空日本への就職

英語と中国語を広く勉強してきた私にとってアジアを中心とした世界で仕事ができるのは魅力的でした。大学生のときにも空港でアルバイトをしていることがよくあり、春秋航空日本に就職しようと思ったときにもアルバイトとして採用してもらうことから始めました。

正社員での採用の枠が極めて狭いと知って考えた戦略がアルバイト

就職活動を始めるときに私が第一志望に考えていたのが春秋航空日本でした。英語も中国語も日常会話程度であれば難なくこなせるので、世界で活躍できる会社に就職したいと考えていたからです。中国を中心として日本を含むアジア各国で活躍している春秋航空日本は有力候補であり、急速に就航路線も増やして発展している会社であることから将来性にも期待できると考えました。

ただ、採用に関して情報を集めてみると、毎年若干名しか就職できていないとわかり、正社員として採用してもらうことはかなり難しいという印象を受けたのです。そのため、別の方法でまずは春秋航空日本で働き始めようと考えて選んだのがアルバイトとして採用してもらう方法でした。

学生時代の経験があったからこそすぐに生まれたアルバイトをする発想

私はもともと航空会社で働くのに興味を持っていたので、学生時代にも空港でアルバイトをよく行っていました。受け付けや受託手荷物の取り扱い、総合案内などを主な仕事として経験していたのです。そのときに同じアルバイト仲間の中にはスカウトされてそのまま正社員に登用されている人もいました。同じようにしてアルバイトで活躍していけばスカウトしてくれるのではないかと考えて春秋航空日本のアルバイトの募集を探したのです。

私が就職活動を始めた当時には二つの空港での募集がかけられていました。運良く片方は自宅から通えない場所ではなかったので応募したところ、経験を評価してくれたのか速やかに採用してもらうことができたのです。

正社員への登用制度を活用するのを目指して仕事に励んでいる最中

春秋航空日本にアルバイトで採用されてからしばらくして大学も卒業しましたが、それでもただアルバイトを続けることにしました。正社員への登用制度を使えればそれで良いと考えていたからです。年に一度は機会があるのでそこでスカウトされれば良いという考え方で仕事に励んでいます。働いているうちに段々と職務内容が広げられてきていて、段々と営業活動などにも参画するように求められてきました。

他の航空会社でアルバイトをしていたときに正社員に登用されていった同僚も、このような中核の業務を任されるようになっていたので自分も正社員になれる日は遠くないだろういうのが実感です。狭き門だからこそ採用されやすいアルバイトを選んだのは正解だったと思っています。