カテゴリーアーカイブ: 応募体験談

春秋航空日本のキャビンアテンダントの募集を見て応募した理由

私が春秋航空日本キャビンアテンダントの募集を見て応募したのは採用活動を行っているという情報を大学で見つけたからでした。中国文学を専攻していたので、その強みを生かして就職できるのではないかと考えたのですが、結果としては採用されなかったのです。

中国語を大学で学んでいたので生かそうと考えたのがきっかけ

春秋航空日本は中国の大手LCCとしてよく知っていました。大学では中国文学を専攻していて何度も中国には行ったことがあったのでよく目にしていたのです。実際に乗ったことはありませんでしたが、安いことで国内では人気の航空会社のようでした。

その採用情報があると大学の就職課から情報をもらうことができたので、自分の学歴を生かして就職できる可能性があると考えたのが応募したきっかけです。募集されていたのがキャビンアテンダントだったことから、中国語を話せることがいかせると考えました。要望事項としても中国語を話せることが望ましいとなっていたので、自分にとっては有利な採用情報だとわかってエントリーしたのです。

最初の募集だったから知識や経験が不要というのが魅力的だった

キャビンアテンダントになりたいとは小さい頃に思ったことがあったのですが、就職の段階になると候補にはならないという印象を受けてしまっていました。航空会社からの採用情報も一通り見てみて気づいたのが旅行関係の知識を強く要望していることでした。新卒なので基本的には経験は求められないのは確かではあったものの、春秋航空日本の募集には未経験で可能、知識不要といった内容が記載されていたのが魅力的だったのです。

航空会社に行こうと思っていたらもっと予め勉強していたと思いますが、採用情報を見て考え始めたので準備不足も甚だしい状況でした。その状況でも受け入れてくれる可能性がある春秋航空日本が就活の有力候補になったのです。

書類選考は通ったものの一次試験を受けたら不採用になってしまった

春秋航空日本の採用情報を見て応募をしてみたものの、結論としては一次試験を受けた時点で不採用になってしまいました。予想していた通り、中国語が使えるというのが有利に働いたのか書類選考は通過してグループ面接には呼ばれました。その面接の現場では志望動機についてまず聞かれたのですが、ここでの応答が不採用になった原因だと感じています。

他の人たちはキャビンアテンダントになって仕事をする魅力について語っていたのに対して、私は中国語が流暢に話せるということをアピールするのに終始してしまったのです。考えてみれば求人に書いてあった内容に中国語は必須とはなっていなかったので、むしろキャビンアテンダントになる熱意を示すことが重要だったのだと思います。

航空会社に就職してから第二新卒として転職先に選んだ春秋航空日本

私は大学を卒業して大手の航空会社に就職するのに成功して主にマーケティングと営業活動を担当していました。ただ、現場の忙しさに追われてしまって退職し、第二新卒として転職活動をしました。そのときにまず選んだのが採用活動を行っていた春秋航空日本でした。

第二新卒として転職しようと考えた流れと春秋航空日本を選んだ理由

大学を卒業する時点で国内でも大手の航空会社に就職するのに成功したのはとても嬉しいことでした。世界を股にかけて働ける職場が良いと考えていたので英語についてはよく勉強していました。旅行に行って世界各国の事情もある程度は詳しくなっていたのが評価されて採用されたのだと思います。

しかし、採用されてマーケティングと営業を主に担当するようになるとだんだんとやる気が失われてきてしまいました。国内向けのマーケティングや営業がほとんどなので世界を見て何か仕事をしているという印象が受けられなかったのです。それなら日本以外に本社がある航空会社に転職しようと考え、募集を行っていた春秋航空日本に目を向けました。

現場の忙しさが解消されそうだという印象を受けたのが決定理由

春秋航空日本以外にも国外の航空会社の採用活動は行われていましたが、春秋航空日本を選んだのは国内勤務ができそうだという点と、今までの忙しさを解消できそうだと感じた点が理由です。春秋航空日本の国内スタッフの募集を始めた頃のことだったので勤務地は日本国内に限定されているようでした。妻子がいるので突然国外勤務というのも大変だと思ったのでこの点が魅力的だったのです。

また、大手で働いているとノルマが厳しくて大変だったのですが、春秋航空日本の求人に関する情報を集めてみるとワークライフバランスを考えた職場環境を作るようにしているという話が見つかりました。これで仕事への不満も解消できると考えて応募することにしたのです。

第二新卒までは募集してくれていたのも春秋航空日本を選んだ理由

求人情報を見ると応募の際に年齢制限がかけられていることはよくあります。春秋航空日本の場合にも同様であり、大学を卒業してから三年以内という制限がありました。企業としては若手を採用して育てていきたいと考えることが多いからだというのはよくわかります。私が第二新卒として転職を考えたのがまだ二年目の途中だったのでこの条件も満たしていました。

航空会社の場合には新卒でない場合には経験を重視した中途採用のことが多いので、第二新卒に有利な募集があったのが魅力的だったのも確かです。英語が話せることは条件になっていませんでしたが、航空会社なら前提条件と考えると不利な要素はないと考えて応募したという経緯があります。

エンジニアとして働いてきた経歴を生かして春秋航空日本の求人に応募

エンジニアとしてIT業界の最前線でウェブマーケティングを主に扱ってきました。その厳しい現場から脱却しようと転職先を探していたときに見つけた求人の一つが春秋航空日本からの採用情報であり、ウェブ関係の仕事だったことから適任だと考えて応募しました。

厳しいウェブ業界の最前線の仕事と将来性から考えた転職活動

春秋航空日本の採用情報を獲得したのは自分のスキルを生かして安定して働ける職場を探していたからでした。ウェブ業界でエンジニアとして働いてきた私はそろそろ現場を離れるべきときだという実感を持ち始めていました。ウェブ業界は新陳代謝が激しいので次々に新しい技術が登場してきます。それに追いついていけなければ最前線で働き続けるのは難しいというのが事実であり、特に開発に携わっていくのは困難になりがちです。

私の場合にも開発よりもマーケティングなどの運用の方に力を注ぐようにいていきたいと考えて転職を考えました。勤め先のウェブ業界での地位も少しずつ低下してきていて将来性に不安だったというのも理由です。

将来性が高い企業だと考えて魅力に感じたから応募した春秋航空日本

春秋航空日本を転職先の候補の一つにしたのはウェブ関係の人材の採用情報を獲得できたからというのも確かです。しかし、それだけであれば他の企業にも多数候補がありました。春秋航空日本に注目したのはまだ新しい企業でありながらしっかりと業績を伸ばしてきていて中国でも最大のLCCと呼ばれるほどに成長していたからでした。

LCCの登場によって飛行機を使う人が増えていることや、中国では人口が多くて特に利益が上げやすいと想定されたことから今後もずっと安定して利益を上げられる企業だと考えたのです。将来性に関して不安になりやすいIT業界で働いてきたからこそ、企業が倒産するリスクがないことを重視していました。

仕事内容も自分の経験を行かせて国内勤務だから問題ないと判断

当時、春秋航空日本から募集されていたのはウェブサイトの運営管理としての仕事を担う人材でした。正社員としての採用もあり得るという形になっていて、給与も決して低くはないので良い求人だったと言えます。仕事内容もウェブサイトの運営やウェブマーケティング、アクセス解析などになっていたので、ウェブを専門とするエンジニアである自分が適任であるのは明らかでした。

また、春秋航空日本に応募する上で悩みになったのが国外で働くことにならないかということでしたが、それについても勤務地が国内を定められていたので問題ありませんでした。そのため、ウェブ業界からの転職先としてまずは春秋航空日本を選んで求人に応募して転職活動を始めました。

狭き門であっても採用情報を見て応募してみた春秋航空日本の総合職

就職してからどのような仕事が自分にとって合っているのかがわからないと考えていた私は総合職に限定して就職活動を行っていました。そのときに春秋航空日本からの求人情報を見つけて、採用される可能性は低いだろうとは思いつつも応募してみたことがあります。

総合職として採用されてやりたい仕事を見つけたいというのが最初の発想

就職活動をするときに私が最初に決めたのは総合職での採用を目指すということでした。春秋航空日本の求人に目を向けたのも総合職で募集がかけられていたからであり、営業、マーケティング、財務会計、法務などの様々な職務を経験できるという点が魅力だったのです。

余り見かけられない航空会社からの求人で、語学についても要件が定められていないのが私にとっては良い点でした。きっと採用された後には適材適所で語学力がなくても働ける仕事を充てがわれるのだろうと考えたのです。どの仕事が自分に合っているのかがわからなかったので、採用されてから仕事が決まるというのは安心できる点であり、総合職にこだわって求人に応募していました。

ジョブローテーションを組んでいる春秋航空日本は有力な候補

春秋航空日本が良いと感じたのはジョブローテーションを組んでいるという情報があったからです。総合職として採用されてからどの仕事に従事するかがすぐに決められてしまう企業も多いですが、春秋航空日本ではとりあえずは様々な部門の一通りの業務を経験させてもらえる機会があるというのが魅力でした。適職が何かわからないと思っていた私にとって最も求めている待遇の一つだったので、春秋航空日本に採用してもらえたら将来は明るいだろうとすら考えていたのです。

語学教育にも力を入れているという情報があり、語学に苦手意識がある私にとって安心の企業でした。そのため、万全の準備をして春秋航空日本の求人に応募したのです。

広い仕事に携われる魅力があったけれど採用はされずに終わり

求人に応募して面接を行うという趣旨の通知を受け取ることはできました。日程調整を経て面接会場に向かうと、グループ面接が行われていて英語または中国語での自己PRや志望動機の説明などが求められ、比較的簡素な質問だけでその日の試験は終わってしまいました。何グループも試験をしていたようなので応募者は多かったようですが、私はこの時点で不採用になってしまいました。春秋航空日本から提示されていた募集枠は6名から10名だったものの、過去の実績を見るともっと少ない採用数だったのも確かです。

本当に優秀な人材だけを抜擢しているのだと考えると私にはハードルが高かったのだと思います。やはり航空会社への就職は語学力が求められているのだろうと感じました。

春秋航空日本の採用情報を探してみようと思い立った経緯とは

私は大学時代には世界中を旅行して遊び回っていました。卒業が近くなってきて就職活動を始めたときに春秋航空日本の採用情報を探してみようと思い立ちましたが、それには旅行中にあったエピソードが関係しています。自分もスタッフになりたいと思った一件があったのです。

大学時代に利用してみてわかった春秋航空日本のスタッフの魅力

私が春秋航空日本の採用情報を探そうと考えたのは大学時代に世界中に旅行に行っていて、一度だけ春秋航空日本を利用したことがあったからでした。中国旅行に行ったときに中国国内の移動手段として春秋航空日本を利用したのです。LCCとして知られていて安いからというのが理由でしたが、そこであったエピソードが春秋航空日本の魅力を高めました。

私は中国語は片言でしか話せなかったのですが、たまたま日本語を片言で話せるスタッフがいて空港のどこに行ったら良いのかがわからずに困っている私に話しかけてくれたのです。忙しく仕事をしている最中であったのは想像できることでしたが、このような気遣いができるスタッフを育てている会社に興味を持ちました。

フライトアテンダントは無理でも一般職であれば可能と考えて情報収集

男という問題点があるのでフライトアテンダントになるのは難しいだろうとは思いましたが、一般職であれば春秋航空日本に就職できるチャンスもあるだろうと考えて採用情報を探しました。当時はフライトアテンダントは広く募集されていて枠が大きく、男性の採用もあるということが記載されていたのです。ただ、フライトアテンダントの募集は人気があるということはよく知っていたので、女性が殺到して結局は採用されないだろうと思っていました。

しかし、一般職の募集が見つからなかったので春秋航空日本に問い合わせてみたところ、運悪く私が就職活動をした年には募集を行っていないということでした。そこで、駄目で元々という気持ちでフライトアテンダントで応募したのです。

二次試験まで進むことができた春秋航空日本の採用試験の結果

フライトアテンダントとして春秋航空日本の求人に応募したところ、比較的順風満帆なスタートを切ることができました。英語力はあるという点をアピールポイントにしたのが功を奏したのか書類選考は通過し、一次試験であるグループ面接に臨むことができたのです。そして、そこで昔のエピソードを話すと共に、世界各国に旅行していて色々な言葉を片言で話せることもアピールしました。

それでおそらく男性としては数少ない二次試験への通過者となって筆記試験と個人面接を受けることができたのです。しかし、やはり女性が優遇されたのか採用されることはありませんでした。ただ、同じようなアピールをして他の航空会社に採用されることはできたので良い経験になりました。

アルバイトとしての採用を思い立って成功した春秋航空日本への就職

英語と中国語を広く勉強してきた私にとってアジアを中心とした世界で仕事ができるのは魅力的でした。大学生のときにも空港でアルバイトをしていることがよくあり、春秋航空日本に就職しようと思ったときにもアルバイトとして採用してもらうことから始めました。

正社員での採用の枠が極めて狭いと知って考えた戦略がアルバイト

就職活動を始めるときに私が第一志望に考えていたのが春秋航空日本でした。英語も中国語も日常会話程度であれば難なくこなせるので、世界で活躍できる会社に就職したいと考えていたからです。中国を中心として日本を含むアジア各国で活躍している春秋航空日本は有力候補であり、急速に就航路線も増やして発展している会社であることから将来性にも期待できると考えました。

ただ、採用に関して情報を集めてみると、毎年若干名しか就職できていないとわかり、正社員として採用してもらうことはかなり難しいという印象を受けたのです。そのため、別の方法でまずは春秋航空日本で働き始めようと考えて選んだのがアルバイトとして採用してもらう方法でした。

学生時代の経験があったからこそすぐに生まれたアルバイトをする発想

私はもともと航空会社で働くのに興味を持っていたので、学生時代にも空港でアルバイトをよく行っていました。受け付けや受託手荷物の取り扱い、総合案内などを主な仕事として経験していたのです。そのときに同じアルバイト仲間の中にはスカウトされてそのまま正社員に登用されている人もいました。同じようにしてアルバイトで活躍していけばスカウトしてくれるのではないかと考えて春秋航空日本のアルバイトの募集を探したのです。

私が就職活動を始めた当時には二つの空港での募集がかけられていました。運良く片方は自宅から通えない場所ではなかったので応募したところ、経験を評価してくれたのか速やかに採用してもらうことができたのです。

正社員への登用制度を活用するのを目指して仕事に励んでいる最中

春秋航空日本にアルバイトで採用されてからしばらくして大学も卒業しましたが、それでもただアルバイトを続けることにしました。正社員への登用制度を使えればそれで良いと考えていたからです。年に一度は機会があるのでそこでスカウトされれば良いという考え方で仕事に励んでいます。働いているうちに段々と職務内容が広げられてきていて、段々と営業活動などにも参画するように求められてきました。

他の航空会社でアルバイトをしていたときに正社員に登用されていった同僚も、このような中核の業務を任されるようになっていたので自分も正社員になれる日は遠くないだろういうのが実感です。狭き門だからこそ採用されやすいアルバイトを選んだのは正解だったと思っています。

春秋航空日本からの客室乗務員の募集を発見できて転職を検討

ある航空会社での仕事に対して不満を持っていた私はいつかは転職したいと考えていました。その頃にちょうど春秋航空日本からの大規模な客室乗務員の募集があり、採用される可能性が高いのではないかと考えて計画的に準備をして転職活動を行ったことがあります。

採用予定人数が多くて魅力的だった春秋航空日本からの求人募集

私は地元の航空会社に就職してしばらく客室乗務員として働いていました。良いクルーにも恵まれて楽しく仕事をする日々を過ごしていたのですが、上司が変わってしまってから職場の雰囲気が効率重視、利益重視というようになって苦しくなってきてしまい、転職できるならしたいと考えるようになりました。

ただ、客室乗務員としての仕事は好きだったので続けたいという気持ちが強く、転職に踏み切れずにいたのです。航空会社からの客室乗務員の募集はほとんどありませんでした。しかし、その中に40人以上もの採用を予定する募集が春秋航空日本から出されたのです。これはちょうどよい転職の機会になると考えて準備を進めることにしました。

経験者で英語力もあるから有利だと考えて求人への応募を決定

春秋航空日本の求人内容を見てみる応募資格は極めて低いものでした。新卒、既卒、経験者のどれも可という形になっていて、必要だったのはTOEIC600点以上ということだけだったのです。中国のLCCという影響もあって中国語力のある人を優先するということは記されていましたが、TOEICが900点あった私にとっては英語力を武器にできると考えられてあまり気にしませんでした。

客室乗務員として7年も働いてきた経験もあったので即戦力として優遇してもらえると考えたのも転職活動をしてみようと思った理由です。ただ、採用されなかったら職を失うことになってしまうので、在職のまま求人に応募することを決定しました。

春秋航空日本の採用試験の流れと個々に行っておいた対策とは

私が求人にエントリーして連絡を受けたときに伝えられたのが一次試験と二次試験に分けられているということでした。一次試験ではグループ面接を行い、通過すると筆記試験と個人面接があってそこで採用が決定されるということだったのです。

一次試験でグループ面接というのは珍しいという印象を受けましたが、特別に難しいことはなく自己紹介や志望動機、春秋航空日本で何をしたいかについて話す程度のものでした。特に何事もなく一次試験は通過し、SPI形式の筆記試験を受けてから個人面接を受けました。結果として採用されなかったのですが、おそらく開口一番に聞かれた質問への回答が良くなかったからだと思います。指導職になるために客室乗務員をやめるのを望むかという問に対してノーと答えてしまいました。まだ新しいLCCだったので、経験者からは指導職を求めていたのだと今になるとわかります。

転職エージェントを活用したときに紹介を受けた春秋航空日本

私は転職を思い立ったときに英語力の高さを武器にして転職先を見つけたいと考えていました。そのため、その点に特化している転職エージェントに相談して採用情報についての提供をしてもらっていましたが、そのときに紹介された一つが春秋航空日本からの求人でした。

転職を思い立ったときにエージェントに登録してすぐに紹介された求人

英語を活用できる仕事をしたいと考えて外資系の企業に就職したのですが、業務内容がほとんど社内のもので英語を使う機会が全くありませんでした。このままでは国際社会で活躍したいと考えて英語力を培ってきた意味がなくなってしまうと考えて転職を思い立ち、英語を使える仕事の紹介を行うことに特化している転職エージェントに登録して転職活動を行いました。

最初にヒアリングを受けたときに日常的な業務で英語を使えるのが良いけれど、国内で働きたいという希望を伝えたところ、最初に提供してもらえた採用情報春秋航空日本に関するものでした。ちょうど募集が始まったところでちょうど良いのではないかと勧められたのです。

応募すると決めて説明してもらった春秋航空日本への採用対策

中国語が話せると優遇されるという点が少し引っかかったのは確かですが、英語力についても必要とされていたので春秋航空日本には採用される可能性があると考えられました。フライトアテンダントの仕事であれば英語圏の人たちとのコミュニケーションの必要が生じる可能性が高く、確かに自分の希望に合っていると考えられたのも応募することを決めた理由です。

その旨をエージェントに話したところ、できれば片言でも良いから中国語を話せるようにしておいた方が良いと言われました。まだエントリーが始まる段階だったので面接試験までには十分に余裕があったため、初級中国語の通信教育を始めて少しでも中国語力を付けておくことにしたのです。

最終面接まで到達して実感した春秋航空日本が持っている向上心

私は当初は英語力を活用して国際社会で活躍できる舞台という点しか春秋航空日本に魅力を感じていませんでした。しかし、一次面接でLCCについての印象を聞かれたり、春秋航空日本に転職してどのような寄与ができるのかを問われたりしているうちに、航空会社の中では新参の会社として高い向上心を持っているということがわかりました。

だんだんと好感を受けるようになり、採用されるように頑張ろうという気持ちが芽生えて最終面接にまで到達したのです。そこで必死にアピールしようとして中国語のスキルがあると主張してしまったのがかえって裏目に出てしまって不採用になってしまいましたが、また求人があったときには応募したいと考えています。