カテゴリーアーカイブ: 春秋航空

中国地元のLCCとして採用してみてわかった魅力の多い春秋航空日本

中国旅行に行ったときに現地の移動でどの航空会社を使うかで悩みましたが、地元のLCCとして人気の高い春秋航空日本を採用しました。使ってみてわかったのが独特なサービス形態であり、安く使うにもお得に使うにも適している航空会社だったと感じています。

地元の航空会社を使ってみようと思った最初の理由はLCCの安さ

大学のサークル旅行で中国に行ったときに中国内の交通手段としてやはり飛行機が早くて良いという話になりました。するとどの航空会社を使うかが問題になり、散々議論になったのを覚えています。安全で安いという魅力を兼ね備えている航空会社がどれかということで、メンバーの誰もが自分なりの考え方を持っていたので揉めてしまったのです。

結論として採用したのが春秋航空でした。春秋航空日本としてもよく知られるようになってきていて、業界内でも新しいLCCとして知名度が高くなってきていたのが魅力ということで意見がようやく落ち着いたのです。価格的にも他の航空会社に比べて安いというので十分に満足できる選択肢になりました。

中国への往復も春秋航空日本を利用して使い勝手やサービスを確認

春秋航空を中国国内で利用しようということになって予約も終えましたが、少し不安に思った人もいたので日本から中国に行くときにも春秋航空日本を利用しようということになりました。成田空港からは各地にフライトがあるのでどのような旅程を組むにしても問題はなく、むしろ春秋航空日本を採用したことによって最初の移動も帰りの移動も楽になるとわかったので皆が納得してくれたのです。

主な目的は使い勝手の良さやサービスの適切さを確認することでしたが、LCCとして最低限のサービスを的確に行ってくれたので満足できるものでした。それで皆が安心してくれて現地での移動でも春秋航空を利用するということで決まったのです。

現地で利用してみたことでわかった安いだけではないサービス

現地で利用してみてわかったのは春秋航空日本で現地に向かったときよりもむしろサービスが良いということでした。機内食を食べたいと思ってメニューを出してもらうと、かなりの数のメニューがあってどれも機内食とは言えないほどに安かったのが最も印象に残っています。

現地での移動手段として春秋航空を採用して良かったと思ったのは、乗客が必要だと思ったことに対して安くて優れたサービスを提供してくれるという印象を受けたからというのが最も大きな理由です。この点に関しては皆が同意していた点であり、帰りの春秋航空日本のフライトでも中国での機内食に比べるとやや高いとはいえ、美味しい機内食を食べて皆で満足することができました。

転職エージェントを活用したときに紹介を受けた春秋航空日本

私は転職を思い立ったときに英語力の高さを武器にして転職先を見つけたいと考えていました。そのため、その点に特化している転職エージェントに相談して採用情報についての提供をしてもらっていましたが、そのときに紹介された一つが春秋航空日本からの求人でした。

転職を思い立ったときにエージェントに登録してすぐに紹介された求人

英語を活用できる仕事をしたいと考えて外資系の企業に就職したのですが、業務内容がほとんど社内のもので英語を使う機会が全くありませんでした。このままでは国際社会で活躍したいと考えて英語力を培ってきた意味がなくなってしまうと考えて転職を思い立ち、英語を使える仕事の紹介を行うことに特化している転職エージェントに登録して転職活動を行いました。

最初にヒアリングを受けたときに日常的な業務で英語を使えるのが良いけれど、国内で働きたいという希望を伝えたところ、最初に提供してもらえた採用情報春秋航空日本に関するものでした。ちょうど募集が始まったところでちょうど良いのではないかと勧められたのです。

応募すると決めて説明してもらった春秋航空日本への採用対策

中国語が話せると優遇されるという点が少し引っかかったのは確かですが、英語力についても必要とされていたので春秋航空日本には採用される可能性があると考えられました。フライトアテンダントの仕事であれば英語圏の人たちとのコミュニケーションの必要が生じる可能性が高く、確かに自分の希望に合っていると考えられたのも応募することを決めた理由です。

その旨をエージェントに話したところ、できれば片言でも良いから中国語を話せるようにしておいた方が良いと言われました。まだエントリーが始まる段階だったので面接試験までには十分に余裕があったため、初級中国語の通信教育を始めて少しでも中国語力を付けておくことにしたのです。

最終面接まで到達して実感した春秋航空日本が持っている向上心

私は当初は英語力を活用して国際社会で活躍できる舞台という点しか春秋航空日本に魅力を感じていませんでした。しかし、一次面接でLCCについての印象を聞かれたり、春秋航空日本に転職してどのような寄与ができるのかを問われたりしているうちに、航空会社の中では新参の会社として高い向上心を持っているということがわかりました。

だんだんと好感を受けるようになり、採用されるように頑張ろうという気持ちが芽生えて最終面接にまで到達したのです。そこで必死にアピールしようとして中国語のスキルがあると主張してしまったのがかえって裏目に出てしまって不採用になってしまいましたが、また求人があったときには応募したいと考えています。

春秋航空日本は新卒でも働ける?魅力的な様々な業種が選べる?

新卒はあらゆる職業にチャレンジすることができます。それまで大学などで蓄えてきた専門的な知識をいよいよ実戦で使うことになるわけですが、その中でも注目されている職業が航空会社で働くことです。春秋航空日本では新卒の採用はしているのでしょうか。

■新卒でも応募できるたくさんの職種

春秋航空日本は、あらゆる分野の専門家たちによって支えられている企業です。地上においてはメカニックや営業職など幅広く採用されていますし、空港でのショップの販売員やホテルでの免税店での接客業なども含まれます。もちろん、実際に飛行機を操縦するパイロットやCAも大事なスタッフの一人です。春秋航空日本では経験豊かな技術者たちを中途採用する一方で新卒での採用も積極的に行っています。

■具体的に募集している部署

春秋航空日本では、具体的にどのような部署が募集しているのでしょうか。運行部門、客室部門、運送部門、市場企画部門情報システム部門、経営企画部門、整備部門、安全推進部門、運行統制部門、財務経理部門、法務部門、人事総務部門など、部門数を上げるだけでも非常に多くあるのがわかります。そのため、どんな分野を専攻した学生生活であっても活躍することのできる分野が広がっているともいえるでしょう。自分の得意な分野を生かしながら、世界に通用する航空会社へ発展させていく楽しさを味わえることでしょう。多くの場合、英語がある程度話せることが採用条件の中に含まれることも多く、また中国語も話せるなら春秋航空日本での採用の確率は高まります。

■磨いておいて損はない語学力


航空会社で勤務するにあたってまず習得しておいて損はないのが語学力です。その中でも日常会話には支障のない程度の英語力は基本中の基本といえるでしょう。春秋航空日本の場合は中国の利用者が非常に多く出資しているのも中国の航空会社ですので中国語も習得しておいて損はないでしょう。ある程度話せるくらいまでに習得していれば、仕事で利用することによってさらに語学力の向上が見込めますし、外交人への接客などで生きた語学が学べます。

航空会社での勤務は多くの人が憧れる職種の一つです。春秋航空日本での採用は狭き門ともいえますが、新卒で入社することができれば様々な可能性の広がる会社ともいえます。それまでの自分の学んできたことや、身に着けてきたスキルを生かして世界で活躍する自分をイメージしながら積極的に応募してみましょう。

春秋航空日本の市場企画部門で働く!企業の発展に欠かせない仕事です

航空会社を支えるためにはあらゆるスキルの専門家たちが結集する必要があります。春秋航空日本も例外ではなく、あらゆる専門家たちが活躍しています。その中の一つである市場企画分門の仕事内容をご紹介します。

■市場企画部門とは

市場企画部門とは直接航空機に触れる仕事ではないものの、空の旅を支え、企業として発展していくために不可欠な部門といえます。市場企画部門の中にもいくつかの部署があり、宣伝PRスタッフ、付加収入担当、コントローラー、カスタマースタッフ、コールセンタースタッフ、企画スタッフとその役割も様々です。宣伝PRスタッフはより春秋航空日本の認知度をあげ、企業としての収益を上げる際に不可欠な役割といえ、ポスターの作製や、キャンペーン、プロモーションなど、より多くの人が利用したいと思える春秋航空日本のイメージを一手に担う重要なポジションです。メディアに興味があり、デザインや販売促進についての知識がある方は特に活躍できる分野の一つといえるでしょう。

■付加収入担当とは

あまり聞きなれない役割の一つに付加収入担当というポジションがあります。これは航空券の付加サービス業務の企画などを行う仕事です。様々な知識を駆使してい真までにない企画の立案で春秋航空日本を成長させたいと思う方はこの部署で大いに活躍できるかもしれません。また、同じくあまり聞きなれない役割の一つとしてコントローラーという仕事もあります。これは主に航空マーケットの情報の収集や分析を行い、適正かつ利益の出る運賃企画を開発する仕事です。まさに会社の今後を左右する重要な部署といえるでしょう。

■市場企画でも必要となる語学力

市場企画部門でどのような役割になったとしてもやはり必要となるのが語学力です。特に航空会社のように世界的に活躍する企業の場合、海外の様々な情報に通じている必要があり、日本語に翻訳される情報だけでは不十分なことも多々あります。そのため必要最低限の語学力として英語力を磨いておくことは役に立つでしょう。採用の際にも語学力は重要視されるポイントとなります。加えて春秋航空日本の場合は中国語もある程度理解できるほうが社内で円滑なコミュニケーションが図れます。

このように春秋航空日本の市場企画部門はあらゆる方面から企業の発展をサポートできる部門です。自分の得意なことを生かしながら、会社の発展に貢献できるとてもやりがいのある部門ともいえるでしょう。

春秋航空日本にはネットワーク関連の仕事も!専門知識がある方はぜひ

いまや世界中に張りめぐらされたネットワークを使ってのビジネスが主流になってきている中、春秋航空日本でもネットワーク関連の仕事が行われています。どのような仕事が行われているのか詳細をご紹介します。

■春秋航空日本におけるネットワーク関係の仕事

ネットワークに関する仕事を担う部門は情報システム部門と呼ばれています。この情報システム部門の中には3つの役割があります。一つはサーバエンジニア、もう一つは社内ITサポート、そしてネットワークエンジニアです。どのポジションもネットワークやパソコンに関する専門的な知識を必要とします。例えば、サーバエンジニアの場合は、主にサーバの構築、運用、サーバ設計書やパラメーターの作成、作業手順書の作成、角地方航空における現地機材の設定など幅広い知識が求められます。サーバについての専門的な知識やセキュリティに関する専門知識を持っている方はこうした分野で活躍できるかもしれません。

■社内ITサポートとは


社内ITサポートとは、社内におけるパソコンやプリンタの問い合わせに答えたり、社内のアカウント管理など、社内の通常業務におけるIT関係のメンテナンスを行います。そのため、機器の設定や配線、新しい技術への適応力が求められます。通常のオフィスでの危機トラブルに対応できる知識があり、アカウント管理などの経験がある方は、春秋航空日本を内部でサポートするこの部署での活躍が期待できます。

■ネットワークエンジニアとは

ネットワークに直接かかわる仕事としてネットワークエンジニアという職種があります。主にネットワークの構築、運用、ネットワーク設計書やパラメーターシートの作成、作業手順書の作成などを通してネットワーク全般に関する業務を行います。ネットワークに関する知識(CCNA)を持っている方は優遇されます。また、ルーターに関する知識やセキュリティに関する知識も必要です。さらに英語などの語学力も必須となるでしょう。こうした幅広い経験と専門的な知識をフル活用したいと思われる方はネットワークエンジニアとして春秋航空日本で活躍できることでしょう。

ネットワークによる情報管理が主流となっている現代では、その職種でもパソコンやネットを用いることは当たり前となってきています。そうしたニーズにこたえ、春秋航空日本を支え、日本のみならず海外でも広く活躍したいと思う方はぜひ一度春秋航空日本の募集要項をチェックしてみましょう。