春秋航空日本の採用情報を探してみようと思い立った経緯とは

私は大学時代には世界中を旅行して遊び回っていました。卒業が近くなってきて就職活動を始めたときに春秋航空日本の採用情報を探してみようと思い立ちましたが、それには旅行中にあったエピソードが関係しています。自分もスタッフになりたいと思った一件があったのです。

大学時代に利用してみてわかった春秋航空日本のスタッフの魅力

私が春秋航空日本の採用情報を探そうと考えたのは大学時代に世界中に旅行に行っていて、一度だけ春秋航空日本を利用したことがあったからでした。中国旅行に行ったときに中国国内の移動手段として春秋航空日本を利用したのです。LCCとして知られていて安いからというのが理由でしたが、そこであったエピソードが春秋航空日本の魅力を高めました。

私は中国語は片言でしか話せなかったのですが、たまたま日本語を片言で話せるスタッフがいて空港のどこに行ったら良いのかがわからずに困っている私に話しかけてくれたのです。忙しく仕事をしている最中であったのは想像できることでしたが、このような気遣いができるスタッフを育てている会社に興味を持ちました。

フライトアテンダントは無理でも一般職であれば可能と考えて情報収集

男という問題点があるのでフライトアテンダントになるのは難しいだろうとは思いましたが、一般職であれば春秋航空日本に就職できるチャンスもあるだろうと考えて採用情報を探しました。当時はフライトアテンダントは広く募集されていて枠が大きく、男性の採用もあるということが記載されていたのです。ただ、フライトアテンダントの募集は人気があるということはよく知っていたので、女性が殺到して結局は採用されないだろうと思っていました。

しかし、一般職の募集が見つからなかったので春秋航空日本に問い合わせてみたところ、運悪く私が就職活動をした年には募集を行っていないということでした。そこで、駄目で元々という気持ちでフライトアテンダントで応募したのです。

二次試験まで進むことができた春秋航空日本の採用試験の結果

フライトアテンダントとして春秋航空日本の求人に応募したところ、比較的順風満帆なスタートを切ることができました。英語力はあるという点をアピールポイントにしたのが功を奏したのか書類選考は通過し、一次試験であるグループ面接に臨むことができたのです。そして、そこで昔のエピソードを話すと共に、世界各国に旅行していて色々な言葉を片言で話せることもアピールしました。

それでおそらく男性としては数少ない二次試験への通過者となって筆記試験と個人面接を受けることができたのです。しかし、やはり女性が優遇されたのか採用されることはありませんでした。ただ、同じようなアピールをして他の航空会社に採用されることはできたので良い経験になりました。