春秋航空日本の市場企画部門で働く!企業の発展に欠かせない仕事です

航空会社を支えるためにはあらゆるスキルの専門家たちが結集する必要があります。春秋航空日本も例外ではなく、あらゆる専門家たちが活躍しています。その中の一つである市場企画分門の仕事内容をご紹介します。

■市場企画部門とは

市場企画部門とは直接航空機に触れる仕事ではないものの、空の旅を支え、企業として発展していくために不可欠な部門といえます。市場企画部門の中にもいくつかの部署があり、宣伝PRスタッフ、付加収入担当、コントローラー、カスタマースタッフ、コールセンタースタッフ、企画スタッフとその役割も様々です。宣伝PRスタッフはより春秋航空日本の認知度をあげ、企業としての収益を上げる際に不可欠な役割といえ、ポスターの作製や、キャンペーン、プロモーションなど、より多くの人が利用したいと思える春秋航空日本のイメージを一手に担う重要なポジションです。メディアに興味があり、デザインや販売促進についての知識がある方は特に活躍できる分野の一つといえるでしょう。

■付加収入担当とは

あまり聞きなれない役割の一つに付加収入担当というポジションがあります。これは航空券の付加サービス業務の企画などを行う仕事です。様々な知識を駆使してい真までにない企画の立案で春秋航空日本を成長させたいと思う方はこの部署で大いに活躍できるかもしれません。また、同じくあまり聞きなれない役割の一つとしてコントローラーという仕事もあります。これは主に航空マーケットの情報の収集や分析を行い、適正かつ利益の出る運賃企画を開発する仕事です。まさに会社の今後を左右する重要な部署といえるでしょう。

■市場企画でも必要となる語学力

市場企画部門でどのような役割になったとしてもやはり必要となるのが語学力です。特に航空会社のように世界的に活躍する企業の場合、海外の様々な情報に通じている必要があり、日本語に翻訳される情報だけでは不十分なことも多々あります。そのため必要最低限の語学力として英語力を磨いておくことは役に立つでしょう。採用の際にも語学力は重要視されるポイントとなります。加えて春秋航空日本の場合は中国語もある程度理解できるほうが社内で円滑なコミュニケーションが図れます。

このように春秋航空日本の市場企画部門はあらゆる方面から企業の発展をサポートできる部門です。自分の得意なことを生かしながら、会社の発展に貢献できるとてもやりがいのある部門ともいえるでしょう。