春秋航空日本は新卒でも働ける?魅力的な様々な業種が選べる?

新卒はあらゆる職業にチャレンジすることができます。それまで大学などで蓄えてきた専門的な知識をいよいよ実戦で使うことになるわけですが、その中でも注目されている職業が航空会社で働くことです。春秋航空日本では新卒の採用はしているのでしょうか。

■新卒でも応募できるたくさんの職種

春秋航空日本は、あらゆる分野の専門家たちによって支えられている企業です。地上においてはメカニックや営業職など幅広く採用されていますし、空港でのショップの販売員やホテルでの免税店での接客業なども含まれます。もちろん、実際に飛行機を操縦するパイロットやCAも大事なスタッフの一人です。春秋航空日本では経験豊かな技術者たちを中途採用する一方で新卒での採用も積極的に行っています。

■具体的に募集している部署

春秋航空日本では、具体的にどのような部署が募集しているのでしょうか。運行部門、客室部門、運送部門、市場企画部門情報システム部門、経営企画部門、整備部門、安全推進部門、運行統制部門、財務経理部門、法務部門、人事総務部門など、部門数を上げるだけでも非常に多くあるのがわかります。そのため、どんな分野を専攻した学生生活であっても活躍することのできる分野が広がっているともいえるでしょう。自分の得意な分野を生かしながら、世界に通用する航空会社へ発展させていく楽しさを味わえることでしょう。多くの場合、英語がある程度話せることが採用条件の中に含まれることも多く、また中国語も話せるなら春秋航空日本での採用の確率は高まります。

■磨いておいて損はない語学力


航空会社で勤務するにあたってまず習得しておいて損はないのが語学力です。その中でも日常会話には支障のない程度の英語力は基本中の基本といえるでしょう。春秋航空日本の場合は中国の利用者が非常に多く出資しているのも中国の航空会社ですので中国語も習得しておいて損はないでしょう。ある程度話せるくらいまでに習得していれば、仕事で利用することによってさらに語学力の向上が見込めますし、外交人への接客などで生きた語学が学べます。

航空会社での勤務は多くの人が憧れる職種の一つです。春秋航空日本での採用は狭き門ともいえますが、新卒で入社することができれば様々な可能性の広がる会社ともいえます。それまでの自分の学んできたことや、身に着けてきたスキルを生かして世界で活躍する自分をイメージしながら積極的に応募してみましょう。